【あなたは知ってた?】不要と言われがちな9つの身体のパーツとその役割

【あなたは知ってた?】不要と言われがちな9つの身体のパーツとその役割

人間の身体は極めて精巧にできています。私たちを生かし、動かすための複雑な器官や機能が備わっており、入り組んだ働きをしています。

しかし、何のために存在するのか解明されていない構造というのも多くあります。

とはいえ、一見、何の役割も果たしていないように思われる部位にも実は有益な機能が隠されていることが分かってきています。この記事では、ほとんど役に立っていないように思われる9つの部位の本来の役割をご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

1.眉毛

眉毛はヒトの特徴のひとつと言われています。では、眉毛の存在理由とは?眉毛は額の突き出た部分にあるため、汗や雨水、ゴミなどが入らないように目を保護しています。そして、もうひとつ、顔の表情を作るという重要な機能を果たしています。眉をあげたり、ひそめたり…眉の動きは非言語コミュニケーションに必須です。また、眉毛の形によって個性的でユニークな顔になっていることも忘れてはなりません。

 
2.そばかす

そばかすは、皮膚にできる薄い茶色の斑点です。特に皮膚の色が薄く、髪の色がブロンドや赤っぽい人に発生しやすいと言われています。そばかすは太陽光から肌を守る自然な反応。有害な紫外線が真皮よりも深くに届かないように、皮膚の最上層が厚くなり、いわゆる「角化」が起こります。これがメラニン色素の生成を促します。メラニン色素が肌を守ろうと細胞核の上に沈着したものがそばかすです。メラニン色素は入ってくる紫外線を吸収し、日光による損傷から皮膚を保護しているのです。

 
3.親知らず

親知らずは正常に生えていれば抜歯の必要はありませんが、斜めに生えるなどした場合は、激しい痛みの原因になったり、隣接する歯や歯茎を傷つけたりすることもあり、その場合は抜歯する必要があります。ですから、現代ではあまり使い道がないと言えます。しかし、私たちの祖先にとって親知らずは重要なものでした。肉や木の実などの硬いものを食べていた時代には、普通の奥歯だけでは咀嚼できず、強い親知らずが必要だったのです。つまり、非常用の歯ということですね。しかし、現代の食べ物は柔らかいため、親知らずがなくても大丈夫なのです。

 
4.のどちんこ(口蓋垂)

のどちんこは、軟口蓋(喉の奥)に垂れ下がっている小さな部位ですが、決して不要なものではありません。まず、異物が鼻に入るのを防止しています。口蓋垂にものが触れると咽頭反射が起こり、異物が即座に排出されます。さらに、鼻咽頭と舌の表面の間にブリッジを形成し、分泌物が適切に放出されるようにします。また、ドイツ語では ch や r のような喉の音を出すときに、この小さい筋肉を使っています。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事