【老いは素晴らしい】老いることでむしろ良くなること8選

【老いは素晴らしい】老いることでむしろ良くなること8選

いったいいつから「お年寄り」になるのでしょう。年を取ったと感じた時と言う人もいれば、年金支給の始まる65歳と言う人もいるかもしれませんが、「お年寄り」「老人」と聞くと、ネガティブなイメージが浮かんでしまいます。
でも実は、年を重ねることのメリットや楽しみはたくさんあります。年月を重ねて旨味を増すのはワインだけではないのです。

 
1. セックス

腰痛や膝の痛みを抱え始めていたって、50代に入ったら性生活はより充実します。特に50代以上の女性は、自身の体のことを熟知していて、欲望を相手に伝えることを躊躇しなくなります。また長年一緒に暮らすカップルは互いに、お互いのありのままを受け入れ、素直に欲望を伝える傾向にあります。

女性はスリルや冒険を求め始めるのも50代からで、今まで試したことのない体位、一風変わったロケーションなどでのセックスも積極的に試し始めます。

≪スポンサーリンク≫

2. 幸福度

年齢を重ねると、より幸せを感じやすくなります。人生の幸福感はU字カーブを描いているからです。幼少期から10代にかけて溢れていた自信や行動力は、大人になるにつれて下り坂を転げるように低下します。仕事でのストレス、財政面、子育て、そして中年の思春期とも言われる「ミッドライフクライシス」、結婚の問題などなど40代後半までは悩みは尽きることはありません。

50代になると、人生に対する充足感は向上してきます。子どもたちは自立して親業もひと段落。自分の夢や情熱との折り合いを見つける年代でもあります。豊富な人生経験は心のゆとりをくれるのです。

 
3. 対人関係

年齢を重ねた人ほど、正直で深く温かい対人関係を築くことができます。パートナーとの関係でいえば、長年一緒に過ごしてきた時間は、ふたりを体の一部のような、なくてはならない存在にします。

また相手の弱点や失敗をさほど気にしなくもなるので、一緒に過ごしていても若い頃のように喧嘩しにくくなります。

 
4. 脳

30歳を過ぎると物事に対する反応は遅くなり、新しいことを習得するのは難しくなります。でも30代で脳が衰退を始めるということではありません。

むしろ白髪頭に覆われた脳の方が、25歳の脳よりも集中する力、物事の本質を見極め複雑な状況を解決する能力は高いのです。こうした加齢と共に向上する知能は結晶性知能と呼ばれています。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事