【衝撃理由】寝る時、左を下にしていると体にスゴイ変化が・・・→「左向きで寝ると身体にいい」8つの理由がコチラ!

【衝撃理由】寝る時、左を下にしていると体にスゴイ変化が・・・→「左向きで寝ると身体にいい」8つの理由がコチラ!

左向きで寝ると身体に良い理由

アーユルヴェーダの専門医・John Douillard博士は「健康上最も利点の多い根方は左向き」と結論付けている医師の一人です。

なぜ良いのか?その8つの理由をご紹介いたします!!

≪スポンサーリンク≫

1.胸焼けを緩和し、胃酸の逆流を防止

胃の形状から、左を下にして眠ることで、胸焼けを緩和することができるそうです。

逆に右を下にして寝ると、胃酸が食道へ逆流しやすいため、逆流性食道炎のリスクが高まります。

2.いびきの抑制

仰向けで寝たときは重力で舌の付け根部が気道を圧迫しやすく、これがいびきの原因になりがちです。

左向きで寝ればこれを改善でき、特に閉塞性睡眠時無呼吸症候群に悩む人には効果的といわれています。

3.消化機能の改善

食べたものを消化する中で、最も小腸から大腸へ移動がスムーズなのが左を下にした状態です。

お通じには左向きということになります。

4.心臓の負担減少

左を下にして眠ると、体の左側にある心臓への血行が良い状態になります。

また、心臓に向かってリンパ液が排出されるため心臓の無駄な動きが減り、ぐっすり眠れます。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事