【衝撃】魚を超越したモンスター!怖すぎる巨大殺人魚7選!

【衝撃】魚を超越したモンスター!怖すぎる巨大殺人魚7選!

日本では絶対に見られない、巨大で怖すぎる魚を7選致しました。その鋭い牙を剥きだした姿は、最早魚を超越しています。世界にまだまだ生息するモンスターの画像をご覧下さい。

ゴライアス・タイガーフィッシュ

アフリカのコンゴ川に生息するモンスター淡水魚『ゴライアス・タイガーフィッシュ(ムベンガ)』。鋭い牙が特色で、体長は最大2m、体重は70kgを超えるという…

獰猛な牙!この牙で噛みつき、一度捉えた獲物は離さないといいます。

≪スポンサーリンク≫

ノコギリエイ

鋭いノコギリのような形が特徴です。

まるでノコギリが顔から伸びているような造形の魚です。ノコギリの歯は皮歯(楯鱗)と呼ばれる鱗が大きくなったものだそうです。このノコギリ歯の中にいる餌生物を探り当てたり、小魚を叩き殺すのに使われると言われています。

引用元: ja.wikipedia.org/wiki/ノコギリエイ

ホウライエソ

この顔の表情はエイリアンのようにグロテスクな畏怖を感じさせます。

体長35センチメートル。長くのびた背びれで、小魚をおびき寄せる習性を持つ。水深 500–2,500 メートル程度の、温帯から熱帯海域に生息する。下腹部に発光器が並び、長い牙をもつ。特殊な骨格を持ち、頭部を上方に跳ね上げ大きく口を開くことができる。深海のギャングとも呼ばれ、その長い牙を用いて獲物の生物を捕らえて、上方に跳ね上がる顎の力で獲物を飲み込む。歯は餌の乏しい深海で確実に相手を逃がさないために鋭く、大きくなったと思われる。

引用元: ja.wikipedia.org/wiki/ホウライエソ

ダツ

鋭く尖った口が特徴です。

細長い体を細長い口が特徴で英語では「ニードルフィッシュ(針の魚)」と呼ばれている。小魚の鱗で反射した光に敏感に反応し突進する性質がある。暗夜にダツが生息する海域をライトで照らすと、ダツが突進してくることがある。針というよりもうナイフのような恐ろしさで、実際にダツが人体に刺さって死傷する事故も多く、刺さると回転してさらに傷が広がるそうだ。沖縄の漁師では、昔から「ダツは鮫より怖い」と言われているそうである。

引用元: ja.wikipedia.org/wiki/ダツ

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事