【涙腺崩壊】ガン闘病中の飼い主と同じ日に旅立ったラブラドール

【涙腺崩壊】ガン闘病中の飼い主と同じ日に旅立ったラブラドール

ペットと飼い主は目に見えない強い絆でつながっています。

11歳のラブラドール、グンナールは飼い主のダニエルの特別な友であり、大切なパートナーです。2012年にガンの診断を受けたダニエルにガンと闘う力を与えてつづけてきたのもグンナールでした。でも、長く辛い闘いのなかで、ダニエルの病気は進行し、グンナールも少しずつ衰弱していきました。

ダニエルの娘ヘザーは、病気の父親の介護のため、ダニエルの家で最期の数週間をともに過ごしました。​グンナールはダニエルにとっては2代目のラブラドール。一緒に生まれた兄弟たちはみな貰い手がみつかりましたが、グンナールはそのままダニエルが飼うことに。娘のヘザーは、当時を振り返ってこう語ります。

≪スポンサーリンク≫

「父はひそかにグンナールを気に入っていたので、彼だけは人に譲らなかったのだと思います。​2人はグンナールが生まれた日から親密な関係でした。​

父ががんと診断されて以来、グンナールは決して父の側を離れず、いつも父を慰め、力を与えるためにそこにいました」

グンナールとダニエルがどれだけ強い絆で結ばれていたかは、ダニエルの最後の数日の様子からも明らかです。​ダニエルの容態が悪化すると、グンナールも気分が悪くなってしまうのです。​ヘザーは、グンナールの行動や日常の様子から、父と愛犬の愛情深い関係を確信したと言います。そして、ダニエルは意識を失うことが多くなり、もう手の施しようがない状態になっていきました。

​「グンナールを観察していれば、父の状態を知ることができました。最期の数日、グンナールは父のそばを離れず、何も食べず、何も飲んでいませんでした。ところが、朝になり、急に落ち着かず、行ったり来たりしていたので、兄弟に電話して最期の時間が来たことを伝えました。その日に父は他界したんです」とヘザーは言います。

しかし、ダニエルの命が消えかけているときに、グンナールが突然発作を起こしました。​ヘザーはすぐに動物病院に連れて行きましたが、グンナールはヘザーの腕の中で息を引き取ったのです…。

次ページへ続きます

関連記事