【悲痛】コロナの対応に当たっていた看護師の友人が自ら命を絶った。医療現場の実情をニュースにしてもっと知って欲しい…

【悲痛】コロナの対応に当たっていた看護師の友人が自ら命を絶った。医療現場の実情をニュースにしてもっと知って欲しい…

コロナウイルス感染症の第3波が各地を襲っています。

第1波、第2波よりも感染者は増加しており、医療現場はかなり逼迫しているのが現状です。

しかし政府は相変わらずGoToトラベルを止めるつもりはなく、さらに国としての有効な対策を打ち出すこともないので、今なお感染の拡大は止まりそうにありません。

≪スポンサーリンク≫

毎日ニュースでは感染者数の報道がありますが、実際の医療現場で起こっていることをもっと考える必要があります。

そんな中、半年前からコロナの対応に当たっていたという看護師が自ら命を断ち、遺族が悲痛な思いを広めて欲しいと訴えかけています。

傷みやすいと言う事を知らずに長時間、高温の中放置したら大変なことになるかもしれませんからご注意を!


言葉になりませんね…。

次ページへ続きます

関連記事