【ノンフィクション】白髪の紳士『女の子にこんなことさせて申し訳ない。ありがとう(封筒スッ)』⇒ 中には12万も入っていた!⇒ 数ヶ月後、ホテルで偶然に紳士と再会した結果・・・・・・・

スペック
私 当時二十歳♀
おじさま 医者 五十半ばくらい?
会長 某大手水産会社の会長 年齢は分からないけど爺様

 

自分は母子家庭で、五人兄弟。
高校で必死にバイトと勉強をして
地元ではそこそこ難関で有名な大学に入った。
成績が良かったから返済不要の奨学金ももらえた。
大学生になってバイトも時間を増やせた。

それでも生活は楽にならない。
一番下は小学生の妹、当然お金はかかる一方だった。

水商売も経験した。
授業に響かない程度に沢山バイトをいれた。
私大だから授業料は一年で100万近く、
それに兄弟の生活費。
母のパートと私のバイトでは賄えなくなっていた。

そのストレスで母は私をよく責めるようになった。
お金が足りないこと、水商売に手を出したこと。
どうすればいいのか分からなかった。

そんな時、家庭教師を始めることになった。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

家庭教師先として辿り着いた家は正しく豪邸だった。
インターホンを鳴らすと
身なりの整った小綺麗なおじさまが顔を出した。

先生ですね、愚息ですがどうぞ宜しくお願い致します…

貧しく、両親はお互い不倫に夢中で
ろくに躾も受けてこなかった私は気が引けた。
品性って初見でも痛いほど感じるよね。

愚息、と紹介されたが息子さんは
充分すぎるほど努力家で聡明な子だった。
3つ程しか歳は変わらない。

ノート一杯に書かれた予備知識を前に
なぜこんな子が家庭教師を、と教えるのを躊躇った。

90分はあっという間だった。
「先生、食事でも如何ですか?」
先程のおじさまが手招きをした。

次ページへ続きます

関連記事