【激震】薬物疑惑で当局がマークしている「大物芸能人12人」の極秘リストを大公開!

【激震】薬物疑惑で当局がマークしている「大物芸能人12人」の極秘リストを大公開!

当局がマークしている「大物芸能人12人」

芸能界の薬物汚染はとどまることを知らず、2017年6月にはベテラン俳優・橋爪功の次男で俳優の橋爪遼が、2017年10月にはものまねタレント・清水アキラの三男で俳優の清水良太郎が、それぞれ覚醒剤使用で逮捕されています。

二世タレントの逮捕が目立っていますが、捜査当局は大物芸能人をマークしていると言われてきました。

ASKAの薬物疑惑が報じられてから逮捕に至るまで約1年、清原和博の場合で約2年もあり、捜査当局は時間をかけてマークし続け、確実な証拠を掴んでから現場を押さえると言われています。

≪スポンサーリンク≫

極秘リストがこちら!

2013年9月、日刊大衆が捜査当局がマークしている「大物シャブ芸能人12人」のリストを公開しました。

当局がマークしている大物芸能人12人の極秘リストがこちら!

A:コンビで司会を多く務めている売れっ子芸人。

B:日本を代表する清純派の美人女優。奇行が度々週刊誌を賑わせた。交際関係も黒い。

C:日本を代表する清純派の美人女優。元ヤンとして有名。クスリ欲しさにハレンチ騒動を起こした過去。

D:40歳を過ぎて美貌が衰えない女優。サーフィン好き。

E:若手実力派の代表格女優。薬物疑惑で何度も報道されている。

F:紅白でトリを務めたこともある超大物歌手。

G:モデル。市川海老蔵暴行事件で同席が取り沙汰された。

H:男性アイドルグループのリーダー。

I:Hの事務所の先輩。日本で一番人気のある男性アイドルだった。かつての常習者。

J:Hの事務所の先輩。アイドルでテレビ番組の司会も数多くこなす。

K:Jと同じ苗字のベテラン俳優。

L:大物俳優。別の薬物を使用して病院へ搬送された過去。

引用元: hayabusa8.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1455013044/

事務所が同じ男性アイドル3人、H・I・Jは、やはりあの男性アイドルを多く抱える事務所のアイドル!?

「40歳を過ぎて美貌が衰えないサーフィン好きの女優D」には、誰しもが心当たりがあるのではないでしょうか?

2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕、有罪判決を受けた酒井法子です。

古い情報が紛れ込んでいたのかもしれません。

しかしその後、日刊大衆は、ASKA逮捕後の2014年6月にも「ASKAルート」として、同じ売人から買っていたとされる8人を挙げています。

次ページへ続きます

関連記事