【唖然】私有地を通行人に開放していたが、近所の工場に勤める連中がゴミをポイ捨てしていく。⇒ 私有地を閉鎖したら・・・

【唖然】私有地を通行人に開放していたが、近所の工場に勤める連中がゴミをポイ捨てしていく。⇒ 私有地を閉鎖したら・・・

郊外駅の東側の駅の傍に家がある、
昔は農家だったが自家用野菜と米だけを作って、父も俺も勤め人になっている。
駅を挟んで反対の西側に市道に抜ける大きな道があり、駅から出るバスも出ている。

実家から駅に出るのに、敷地内に2メートル幅の用水路があり、
40年前に実家から駅側に車が出られるように橋を付けた。

≪スポンサーリンク≫

実家のある東側は、田畑しかなかったので、実家から駅に出られるようにした。
大きな道がある西側に店や家も出来て人通りも多かった。

実家のある東側の実家の畑に隣接して工場が出来た。
工場で働く人は俺の実家を通れないので、西側の市道を大きく迂回して東側の工場に行く様に
自社バスで通勤していた。
自社バスに乗り遅れた人や乗り切れなかった人が実家を通り抜けるようになった。
数人の事なので、何も言わなかった。

次ページへ続きます

関連記事