【スカッと】ずっと仕送りしていたのに、母親にクズ扱いされた挙句、無理やりお見合いまでさせられて、仕送りを止めた。結果・・・

【スカッと】ずっと仕送りしていたのに、母親にクズ扱いされた挙句、無理やりお見合いまでさせられて、仕送りを止めた。結果・・・

無職の間も仕送りしていたのに、母親から屑扱いされて勝手に見合いをセッティングされたので報復に仕送り止めてやった。

四十路女の愚痴混じりの長文です。お目汚しかと思いますので、不愉快な方は読み飛ばしてください。

当方、独身四十路。一昨年に勤め先の会社が倒産し無職に。
無職にはなったものの独り身で貯金はあるし、食うに困らない資格を持っていることもあって急いで再就職をしようとはしなかった。

 

理由は二つあって、一つは趣味。
私の趣味は古城めぐりや神社仏閣詣で、高校生の頃から集めている御朱印は三冊目。
いただいた御朱印の墨痕をじっくり眺めて過ごす時間が何よりのリフレッシュ時間。
勤めているとまとまった長い休みは大型連休くらいしかとれないし、その時期はどこも混雑していてゆっくり観てまわることもできないから、いつかゆっくり観てまわりたかった。
二つ目は資格。
今持っている資格の上級版を含む、いくつかの資格取得を狙っていたからその勉強に時間を使いたかった。

なお、結婚願望そのものがないため婚活しようとはしなかった。

≪スポンサーリンク≫

 

それが母親の目にどう映ったのか、祖父の法要で地元に戻った際に勝手にセッティングされた見合いの席に放り込まれた。
どうも母親は親戚に「いい年をした娘が仕事もしないで遊び歩いている」とマヤったらしく、それが尾びれ背びれがついて帰省した時には「いい年をして親に金をもらって遊び暮らす放蕩娘」に進化していた。
それを煽っていたのが実家同居の妹夫婦。
「こんな伯母ちゃんじゃ恥ずかしいよね」って五人いる我が子に言っては人を笑いものにした。
集まっていた親戚に見当違いの説教をされ、法要もそこそこに軽く軟禁に近い扱いで見合い場所に押し込まれた。(法要の後の食事が出た料亭がそのまま見合い会場で両親も私も黒装束のまま)

見合い相手は、同じ無職の四十路男で職歴なしの実家暮らし。
親が土地持ちの公務員で、私にはモッタナイ見合い相手だと言われた。

 

見合い相手は、童〇乙www と草を飛ばしたくなるような相手だった。
四十路のババアなんてボクチンにふさわしくない、でもママンがどうしてもと言うから見合いしてやったんだ。
ほんとうは〇〇ちゃん(よく知らないが、たぶん秋元系のアイドル?)みたいな子がボクチンにはふさわしいんだ!

アイドルオタクと御朱印オタク。成立していたら世にも奇妙な夫婦が誕生しただろう。
〇〇ちゃんみたいな子がいい。四十路のババアはお呼びではないとのことだったので、分を弁えてご辞退させていただきました。

相手方の母親が今すぐにでも嫁に来い!って感じの勢いで引き留めてくるから、このボクチンに手を焼いている日常がアリアリと浮かんできて笑いそうになった。
相手方の前で暴言を吐くほど幼くもないので、淡々と今日の見合いは勝手にセッティングされたもので私に結婚の意思がないことを伝えた。
どうも先方は私のことを親戚同様「無職で遊び惚けている放蕩娘」だと思い込んでいたようで、勤め先が倒産してできた時間を使って資格取得に励んでいただけだと説明すると率直に驚かれた。(趣味の方は言わなかった)

幸い私がご破算と唱えたら先方は引き下がってくれたので拗れることなくその場は終わった。

次ページへ続きます

関連記事