【いい話】娘「ママにプリンおごってあげる!」→ あんな男に固執してる場合かと覚醒した結果・・・

【いい話】娘「ママにプリンおごってあげる!」→ あんな男に固執してる場合かと覚醒した結果・・・

あと数日で私は誕生日なんだけど、誕生日に百年の恋も冷めた話。昔の話で長いです。

(元)夫が不倫して相手に本気になって、私に離婚を迫っていたけど、私は拒否していた。
意地もあったしプライドもあった。
なにより、夫のことが好きだった。
大学の時からつき合い始めて、20代から30代半ばまでをずっと一緒に過ごした。
そう簡単に諦められなかった。

夫との間には娘が一人、当時小学2年生だった。

≪スポンサーリンク≫

毎日、娘が学校から帰ってくると、手をつないで駅前商店街に買い物に出かけた。
商店街の中の喫茶店で、2人でプリンを食べるのがたまの贅沢だった。
プリンを買って帰って家で食べればもっと安上がりだけど、
喫茶店という非日常の空間でしばらく過ごすことが、私にとっての息抜きだった。
本当はもっとお高いケーキやパフェを食べたかったし、娘にも食べさせてやりたかった。
でも、なにしろ夫が不倫相手に貢いで一銭も家に入れなくなってしまったので、
私のパート勤めの稼ぎだけでは心細くてプリン以上の贅沢はできなかった。

私の誕生日は、お金もないし夫は不倫相手の家から帰ってこないしで、
特別なことをする予定はなかったけど、前の日から、娘がなんだかニヤニヤそわそわしている。
きっと何かプレゼントをくれるんだろうな、その機会をうかがってるんだろうなと、
私もちょっとドキドキしていた。

誕生日当日、いつものように、夕方、商店街に2人で買い物に出かけた。
買い物を終えて帰ろうとすると、娘が私の手を引っ張って「ママ、お誕生日だよね」と言う。
私が「そうよ」とうなずくと、娘は「ママはプリン好きだよね、だからプリンをおごってあげる」。
「えっ」と驚いている私を引っ張って、娘はいつもの喫茶店の前に立った。

私「でも、(娘)ちゃん、お金はあるの?」
「あるよ!」と娘は自慢そうに、ポーチから犬の顔の形の財布(私がフェルトで作った)を出した。
中に、忘れもしない、380円きっかり入っていた。コインの重なり方まで覚えている。
プリンは380円なのだ。
まだ月々のお小遣いはあげてなかったし、正月に親戚からいただくお年玉は貯金させていたから、
お手伝いをした時にもらう小銭をためていたらしい。
それまでの誕生日プレゼントは、手作りの画用紙バッグとかそういうもので、現金が絡むものは初めてだった。

喫茶店に入ると、娘はウェイトレスさんに精一杯大人ぶった口調で「プリンひとつ」と注文した。

次ページへ続きます

関連記事