【痛快】舅「好きにイジっていいから徒歩10分の家に住んで」⇒ ボロボロだった家を自分たちで改装。⇒ 半年後、コトメ「この家住みたい」舅「すぐに出てってくれ」

【痛快】舅「好きにイジっていいから徒歩10分の家に住んで」⇒ ボロボロだった家を自分たちで改装。⇒ 半年後、コトメ「この家住みたい」舅「すぐに出てってくれ」

結婚する時(5年前)に、義実家から徒歩10分にあるウトが所有する築30の
戸建てに住むように言われた。
コトメ夫婦に住わせるはずだったけど、古い家なので拒否されたらしい。

交通の便も悪いけど、家賃は只にしてくれるというので、
自分たちの家を買う費用を貯める為に同意した(ウトメの干渉は無く快適だった)
家は好きにいじっても良いって事だったので、少しでも快適に住めるように
夫と二人で毎週日曜大工。

≪スポンサーリンク≫

ボロボロだった網戸や壁紙も業者に頼らず自分たちで洗浄し、貼り直し、
私は嫁入り道具としてフローリングカーペットやキッチンカウンターを
購入して洋風に改装。
で、半年ほど経って、家を見に来たコトメが家に住みたいと言い出した。

そんなバカなと思ったが、ウトメがコトメの味方になり「元々義実家は長男、
別宅は娘に相続する予定だった」からすぐに出るよう言われた。

怒り心頭。すぐにウトメのしらない場所に引っ越した。

次ページへ続きます

関連記事