【唖然】親父の連帯保証人になった俺。嫁父「莫大な借金を背負った君は娘を幸せに出来ない」嫁と話し合いもできず強制的に離婚。それから15年後・・・

【唖然】親父の連帯保証人になった俺。嫁父「莫大な借金を背負った君は娘を幸せに出来ない」嫁と話し合いもできず強制的に離婚。それから15年後・・・

元妻とは高2のころから付き合い、4年後に結婚した。

俺たちが結婚して1年くらい経った頃、親父が実親から相続した家をリフォームするため業者に依頼した。
業者が現地調査をした結果、土地が結構広いので、建て替えるなら賃貸マンションにすれば良いと提案した。
家賃収入の6割が返済で、残り4割は不労所得になるので、両親はその提案を取り入れた。
ローンの名義人は親父だったが、当時50代半ばだったので、連帯保証人は俺になった。

≪スポンサーリンク≫

マンションは無事に竣工したが、工事中に景気が悪化したため、入居者はなかなか埋まらなかった。
それから半年後、親父は体調を崩して入院し、自営の仕事を廃業してしまった。

親父が入院して2週間後、突然妻が実家に帰ってしまった。
そして、義父親から「娘と離婚してくれ」と一方的に言い渡された。
理由は、「莫大な借金を背負わされた君には、とても娘を幸せには出来ない」とのこと。

俺は妻とちゃんと話し合いたいと言ったが、取りつく島もなかった。

次ページへ続きます

関連記事