『かわいそうなぞう』 ~戦争の犠牲となった3頭のゾウの物語~

『かわいそうなぞう』 ~戦争の犠牲となった3頭のゾウの物語~

「戦時猛獣処分(せんじもうじゅうしょぶん)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは、戦争時に空襲などで動物園の檻が壊れ、猛獣が逃亡して被害を及ぼすのを防ぐ目的で動物達を殺処分することを言います。

これからご紹介するお話は、この戦時猛獣処分の犠牲となった悲しいゾウ達の物語です。

 

かわいそうなぞう

上野の動物園は、桜の花盛りです。風にぱっと散る花。お日様に光り輝いて咲く花。

お花見の人たちがどっと押し寄せて、動物園は、砂埃を巻き上げて混み合っていました。
象の檻の前の広場では、今、2頭の象が、芸当の真っ最中です。

長い鼻を、天に向けて、日の丸の旗を振ったり、カラランランと鈴を振り鳴らしたり、よたよたと、丸太渡りをしたりして、大勢の見物人を、わあわあと喜ばせています。

その賑やかな広場から、少し離れた所に、一つの石のお墓があります。

あまり気の付く人はありませんが、動物園で死んだ動物たちを、お祭りしてあるお墓です。
お天気の良い日は、いつも、暖かそうに、お日様の光を浴びています。

≪スポンサーリンク≫

ある日。
動物園の人が、その石のお墓をしみじみと撫で回して、わたくしに、哀しい象の物語を聞かせてくれました。
今、動物園には、三頭の象がいます。
名前を、インデラ、ジャンポー、メナムといいます。
けれども、その前にも、やはり三頭の象がいました。
名前を、ジョン、トンキー、ワンリーといいました。
その頃、日本は、アメリカと戦争をしていました。
戦争がだんだん激しくなって、東京の街には、毎日毎晩、爆弾が雨のように振り落とされてきました。
その爆弾が、もしも、動物園に落ちたら、どうなることでしょう。
檻が壊されて、恐ろしい動物たちが街へ暴れ出したら、大変なことになります。
そこで、ライオンも、トラも、ヒョウも、クマも大蛇も、毒を飲ませたのです。

三頭の象も、いよいよ・・・とになりました。
まず第一に、いつも暴れん坊で、言う事を聞かない、ジョンから始めることに成りました。
ジョンは、ジャガイモが大好きでした。ですから、毒薬を入れたジャガイモを、普通のジャガイモに混ぜて、食べさせました。
けれども、利口なジョンは、毒のジャガイモを口まで持っていくのですが、すぐに長い鼻で、ポンポンと、遠くへ投げ返してしまうのです。
仕方なく、毒薬を身体へ注射することになりました。馬に使う、とても大きな注射の道具と、太い注射の針が支度されました。
ところが、象の身体は、大変皮が厚くて、太い針は、どれもぽきぽきと折れてしまうのでした。
仕方なく食べ物を一つもやらずにいますと、可愛そうに、十七日目に死にました。

続いて、トンキーと、ワンリーの番です。

次ページへ続きます

関連記事