【いい話】彼らこそ日本の守護者! 震災にまつわる自衛隊員さんたちのエピソード

【いい話】彼らこそ日本の守護者! 震災にまつわる自衛隊員さんたちのエピソード

戦後、日本における自衛隊の存在は、一部の政治家や活動家によって目の敵にされてきた歴史があります。

最近、憲法改正の根拠として言われている、いわゆる「自衛隊違憲論争」というのも、それが元となっているようです。

しかし、阪神淡路大震災、東日本大震災、西日本豪雨や熊本地震など…あらゆる悲惨な災害において、身体を張って被災者を救ってくれたのは紛れもなく自衛隊のみなさんです。

今回は、一部の政治家や活動家たちによって目の敵にされながらも、必死で国民のために身体を張ってくれた自衛隊のエピソードをご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

「ごめんなぁ」

某議員サイトでの自衛隊のあまりの叩かれ方に辟易してここにやってきました。
外野でボロカスに言われても、こことか見てると、分かる人は分かってるんだなって思ってほっとしました。

被災したとき、俺はまだ中学生でした。全開した家で、たまたま通りに近い部屋で寝てたので、腕の骨折だけで自力脱出できました。
奥の部屋で寝ていたオカンと妹はだめでした。
なんとかしようにも、あたりも真っ暗、俺も怪我していて手作業ではどうしようもなく、明るくなってからようやく近所の人に手伝ってもらって瓦礫をどけながら、必死で掘り返しました。
でもどうしようもなかった。
半日以上たってから、自衛隊の人を見かけて夢中で助けを呼びました。
数時間以上かけたと思います、自衛隊の皆さんは瓦礫の中から母と妹を救助してくださいました。
残念ながら母も妹はすでに亡くなっておりました。
その後、家は火事で焼け落ちました。
あの時自衛隊の皆さんが来てくださらなかったら、妹の遺骨を焼け跡から拾うことになったのかも知れません。
ボロボロになった妹の体を引きずり出して、「ごめんなぁ」とつぶやいた自衛隊の方の顔を俺は一生忘れません。
あの時は、本当にありがとうございました。
それから、俺の怪我の手当もしていただきました。ありがとうございました。

政治家が何を言おうと、俺達はあのときの皆さんに感謝しています。
本当にありがとうございました。

 

※まだまだ続きます

次ページへ続きます

関連記事