【泣ける】認知症のばあちゃんが「雨」を見て外に飛び出し交通事故に遭い亡くなった。ばあちゃんが外に飛び出したその理由に涙…。

【泣ける】認知症のばあちゃんが「雨」を見て外に飛び出し交通事故に遭い亡くなった。ばあちゃんが外に飛び出したその理由に涙…。

今、ある老夫婦の逸話が「これは泣ける」と
ネットで話題になっているのでご紹介します。

 

「雨を見て」

じいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしていた。
ばあちゃんはボケが進んでおりじいちゃんが介護していた。

いろいろ大変だったみたいだけど会話はできているようで
「人が思うほど大変じゃないよ」って言っていた。

ばあちゃんの家に行くといろんな事が紙に書かれている。
「冷蔵庫は閉めましょう」
「電気は消しましょう」
「トイレは←」
「ふく、くつした↓」などなど

いろんな字がじいちゃんの手で半紙に筆で書かれていた。
書いてあれば守ってくれるんだって。

≪スポンサーリンク≫

じいちゃんはいつも一緒にいてあげたけどどうしても区役所に行ったり
病院に薬をもらいに行ったりと出かける事がしばしば。

心配だけど「外には出ないこと」と玄関に書いておけば
大人しく待っていてくれたんだって。

 

そんなある日のこと・・・

じいちゃんが出かけた。
もちろん玄関には「外には出ないこと」
それなのに、じいちゃんが戻ってきたら
ばあちゃんは家のすぐ前で車に轢かれてしまっていた。

救急車で運ばれた。
じいちゃんが駆けつけると待っていたかのように
じいちゃんの手を強く握って天国へ行った。

じいちゃんはとても悔やんだ。
家族全員も悔しかった。

今まで書いてあることは必ず守ってたのになぜ家を出たんだろう・・・。

家族同然の付き合いをしていた
隣のおばちゃんが話をしてくれた。

次ページへ続きます

関連記事