【壮絶】26歳の夫がガンで他界。しかし妻は仕事に忙殺され夫の死に目に会えず、しかも病院に行くと夫の遺体も無かった。それから数年後、その妻は事故に遭い・・・

【壮絶】26歳の夫がガンで他界。しかし妻は仕事に忙殺され夫の死に目に会えず、しかも病院に行くと夫の遺体も無かった。それから数年後、その妻は事故に遭い・・・

今回ご紹介するのは、

某大手まとめサイトにて

まとめられていたお話を

引用させていただいた記事です。

 

あまりにも壮絶な人生と

その後の結末に衝撃を受けたので

ご紹介させていただきます。

ここから本文です

≪スポンサーリンク≫

結婚して2年で旦那の癌が発覚。
嫁親は結婚に反対し、旦那親は父親の浮気で離婚。
そして旦那の父親は会社の金を横領して刑務所に母親は水商売で若い男と同棲中。
この母親は、嫁に金まで借りまくっていた。

嫁はOLをし、夜中までファミレスでバイト真夜中は道路工事の警備員に。
でも発病が26才の旦那の癌は、若い分だけ進行が早かった。
旦那の親は一度も見舞いには来ない。
手術や新薬の為、嫁は働いても働いてもお金がない。
しかし風俗で稼ぐ事だけはどうしてもできなかったらしい。

病室に毎日行くと「もっと傍にいてくれ」と旦那は言う。
しかし仕事があるから長居できない。
嫁の睡眠時間は2日間で3時間。若さだけで乗り切る日々。
この生活が2年半続いたある日、病院から電話が。
しかし嫁は仕事中で、気が付くまで9時間以上掛った。
必死に病室に行くと…旦那はいなかった。

次ページへ続きます

関連記事