【衝撃】陶器製の湯たんぽが盗まれた ⇒ 隣姑『嘘の使用方法伝えて渡すなんて!』私「何したの!?」隣旦那『嫁がガスにかけた』私「えっ」

【衝撃】陶器製の湯たんぽが盗まれた ⇒ 隣姑『嘘の使用方法伝えて渡すなんて!』私「何したの!?」隣旦那『嫁がガスにかけた』私「えっ」

私の、陶器製のゆたんぽが盗まれた。

ちょっと拭いたので、乾かすのにお外に出したらやられた。
愛用してた物だし、泥棒は泥棒なので警察へ24。
おまわりさん、超良い人で、「何かあったら」って最寄の交番の直通の電話番号を頂いた。話も通してくれ、見周りも強化してもらった。

その日の夜、お隣さんに救急車が来た。

≪スポンサーリンク≫

早朝5時だったかなー?ドアをガンガン叩く人が居たので、夫が外に出たら、お隣さんのお姑さんと旦那さん。
「こんな危ない物を、使用方法を偽って渡すなんて貴方おかしいんじゃない!」って怒鳴られて、お隣の旦那さんには、ナグりかかられた。
直ぐに夫が間に入ってくれたけど、一発入ったからほっぺに凄い痣ができてしまった。
奥から同居してる私の母が出てきて、直ぐに異常事態と気づいて交番へTEL。おまわりさん、10分もしないで来てくれたよ。

おまわりさんが着たら、旦那さんは勝ち誇ったように「ほうら!自分で悪いことをしたの認めたな!自らおまわりさん呼ぶなんて!」とか言うしさ。
「貴方のだって証拠あるんだから!」ってお隣さんの姑さんが、紙袋からガチンガチンと音がしてる塊を出しましたよ、それ…その袋…私のうさたんをいれてた袋…。
その袋、私の名前を書いておいたのですが、それを指差して「ほら!貴方の!」と。

私はもうその袋をひったくりましたよ、いやな音がしてたんだもの。

次ページへ続きます

フォローお願いします!
↓↓↓
≪『立ち読み小屋』twitterアカウント≫

フォローありがとうございます^^♪
下へ進んで続きを読んでね!

関連記事