【唖然】嫁『お互いの両親の世話は各々でやろうね!』俺「いいよ」⇒ 嫁の両親が認知症を発症した途端、嫁がとんでもない行動に・・・

【唖然】嫁『お互いの両親の世話は各々でやろうね!』俺「いいよ」⇒ 嫁の両親が認知症を発症した途端、嫁がとんでもない行動に・・・

お互いの両親がいい年齢に差し掛かってから
嫁にお互いの両親に何か有った時の世話は各々でやるようにって提案があった。
ウチの両親は昔から老後は施設に入るって言って結構な貯金をしていたから、その提案に了承した。

それから数年後、俺の父があっさりと他界して母はショックから軽い痴呆症になってしまった。

≪スポンサーリンク≫

母の希望もあって老後施設を探す事になったんだけど
幸い父は介護も闘病生活も無くシんでしまったので、その分母にお金を回せる事になって施設の選択枠も多くて、好条件の施設のパンフレットを幾つか家で眺めてたら
嫁が何を勘違いしたのか、うちにそんな余裕は無いし世話は各々でやるって決めたじゃんって喧嘩腰で凄んで来たから、両親の貯金で入るんだからうちに負担は無いと説明して嫁は納得した。

土日の家事は俺の役割だから土曜日は午前中に掃除と洗濯を終わらせたりして
それからは週末土曜日の午後に母の所に面会に行くようにして、娘もウチの母の事が好きだから連れて行ったりしている。
そんな中、嫁の両親も痴呆症を発症してしまい介護が必要になってしまった。

次ページへ続きます

応援よろしくお願いします^^♪

※ボタンの左側がレ点になっている場合はすでに『いいね』済みです。
これからもよろしくお願いします♪
 

関連記事