【涙腺崩壊】娘が昨日結婚した。怒涛の25年間だった。娘からの手紙に一生分泣いてしまった

【涙腺崩壊】娘が昨日結婚した。怒涛の25年間だった。娘からの手紙に一生分泣いてしまった

娘が昨日結婚した。

肩の荷が下りたと言いますか、怒涛の25年間だった。
部屋がちょっと広く感じてオッサン寂しくなったりしました。

最初に娘と書いたが戸籍上は姪に当たります、しかし25年間娘で通したから娘でいきます。

25年前、当時の私は24歳で社会人2年目。慣れない仕事にヒーコラしながら働いていました。

≪スポンサーリンク≫

私には3つ上の姉が居るのですが、姉が家を出てから連絡を取らなくなっていましてね。
私が会社の独身寮に入っていた事もあって、その時の姉の状況は知らなかったが姉に子供が出来ていて、これが後の私の娘となります。

姉は結婚せず父親が誰か判らないまま娘を産んで1年育てた、
しかし新しい恋人でも出来たのか理由は解らないが娘の事が邪魔になったらしく
実家に行って両親に娘を丸投げして行方が分からなくなった。
両親から私に連絡が来て、私は姉に娘が出来ていたこと、
姉が娘を両親に投げて行方知れずになった事をここで初めて知りました。

この時父は既に定年間近で母も病気の後遺症で娘の面倒を見るには辛い。
このまま施設に入れる事も検討していると言われていたが、
私は娘の顔を見た時に思わず引き取ると両親に言いました。

次ページへ続きます

関連記事