【大炎上】『ビフォーアフター』で2100万円も掛けて我が家を大改築したら…大失敗!訴訟問題に!

【大炎上】『劇的ビフォーアフター』で2100万円も掛けて我が家を大改築したら…大失敗!訴訟問題に!

『ビフォーアフター』で2100万円も費用をかけて匠に改築を頼んだところ、「なんだこれ?!」施工主の期待は大きく外れテレビ局にクレームしても責任回避!訴訟問題になった1件とは…

『ビフォーアフター』に依頼した大改築物件

テレビ朝日で不定期に放送されている建築情報・ドキュメンタリー番組『ビフォーアフター』で大改造を頼んだところ、期待外れのトンデモナイ改築物件が出来上がり、トラブルになったケースが週刊文春の記事で明らかになりました。

文春で、この番組に応募し、多額の費用をかけて匠・滝澤俊之氏にリフォームしてもらったが、「我が家を台無しにされた」と中野区でラーメン店を営む中薗尚秋氏が実名告白したのである。
引用元:j-cast.com/tv/2010/10/28079418.html?p=all

≪スポンサーリンク≫

 

『劇的ビフォーアフター』とは

『大改造!!劇的ビフォーアフター』は、朝日放送テレビ・社員・JUMPの共同制作により、テレビ朝日系列で不定期で放送されている建築情報・ドキュメンタリー番組。

番組の基本的なフォーマットは、一般募集による「依頼主」の家族の悩み(その多くが家屋・住宅の構造が生活実態と合致していないこと)を解決すべく、『匠』(たくみ)と呼ばれる建築士や大工などが問題解決のための家屋・住居のリフォームの設計を手がけ、その施工(改築)の状況を建築技術を織り交ぜながら紹介し、最後に「依頼主」一家にリフォーム後の状況をお披露目するというものである。
引用元:ウィキペディア

テレビ朝日が費用を一部負担するようなことは無いそうです。また番組のショー的要素を強調するため、依頼主には基本的に改築中は他所に引越してもらい、完成後の我が家を見て驚いてもらうというサプライズ効果を演出しているそうです。

 

さて、その番組が引き起こした悲劇とは…

次ページへ続きます

関連記事