【朗報】不眠症の方必見!アメリカ海軍が実践している、2分で眠れる方法が画期的だと話題に!

【朗報】不眠症の方必見!アメリカ海軍が実践している、2分で眠れる方法が画期的だと話題に!

「2分以内に眠りにつく方法」とは?

人が生きる上でおよそ1/3の時間を

費やすという「睡眠」は、不足すると

健康に悪影響を及ぼすほど重要で、

昼寝をすると記憶力や生産性が上がる

という報告もあります。

 

しかし、いざ横になって目を閉じても

なかなかうまく寝付けないことも。

そんな時に役立ちそうな、

第二次世界大戦中にアメリカ海軍に

よって研究・開発された

「2分以内に眠りにつく方法」を、

紹介していきたいと思います。

≪スポンサーリンク≫

戦時中は・・・

第二次世界大戦中、アメリカ海軍のパイロットの多くが、戦闘から受けるプレッシャーとストレスによって衰弱していました。その結果「友軍機を誤って撃墜する」「本来なら回避可能な状況で撃墜される」などの事例が多く報告され、アメリカ海軍はパイロットたちのストレスを緩和させる必要性に迫られました。そこでアメリカ海軍は、バド・ウィンター氏ら研究者を招き、パイロットをリラックスさせる方法を開発し、海軍学校に通うパイロット候補生を対象にテストを行いました。

バド・ウィンター氏は大学で心理学の教授を務める一方で、戦前から陸上選手のコーチとしても知られていました。ウィンター氏は「睡眠は肉体的にも精神的にもリラックスしている状態である」と定義し、「あらゆる状況下で、昼夜問わずいつでも2分で寝ることができるようにする」ことをトレーニングの目的に設定し、「肉体的にリラックスする方法」と「精神的にリラックスする方法」の2つをパイロット候補生たちに伝授したとのこと。

次ページへ続きます

関連記事