【奇病】“キラッキラの瞳”になる「アクセンフェルト・リーガー症候群」。完全に実写版アニメキャラクターだろ・・・

【奇病】“キラッキラの瞳”になる「アクセンフェルト・リーガー症候群」。完全に実写版アニメキャラクターだろ・・・

まるでアニメキャラクター

今年で2歳になる女の子

メラーニ・マルティネスちゃんは、

その大きな瞳で人々を魅了している。

まるでアニメキャラクターのような

キラキラした丸い瞳はとても可愛らしい。

 

しかし、この愛くるしい目は20万人に

1人という珍しい遺伝疾患によるものなのだ。

 

英紙によると、メラーニちゃんは、

アクセンフェルト・リーガー症候群という

先天的な遺伝子異常を抱えており、

そのせいで黒目の周囲にあるはずの虹彩がなく、

全てが瞳孔(黒目)になってしまっているという。

だから彼女の瞳は大きく、クリクリしているのだ。

≪スポンサーリンク≫

母親のカリーナさんは・・・

母親のカリーナさんが娘の異常を知らされたのは、

メラーニちゃんがまだ生後一週間のこと。

目が可愛らしくなるだけなら良かったのだが、

この病を放っておくと緑内障を発症、眼圧が

高まり視神経を傷つけてしまう恐れがあるそうだ。

また日光に敏感なため、

外出時にはサングラスが欠かせないという。

そのため、メラーニちゃんは生後5カ月で

初めての手術を受け、視力を安定させる必要があった。

だが、メラーニちゃんを初めて見る人は

そんな事情を知る由もない。

 

「娘を連れて外出すると、

見知らぬ人々が娘の大きくて美しい目を

褒めてくれるんです。

しかし、そのとき私は娘の目は

病気のせいだと言うべきかどうか

戸惑ってしまうんです。

だいたいは真実を告げずに、

笑顔でありがとうと言うだけです。

でも、なんとも言えない気持ちになります」

(カリーナさん)

次ページへ続きます

関連記事