【因果応報】少年院上がりの新郎の結婚式に、新郎が起こした事件の被害者遺族が乗り込んできた

【因果応報】少年院上がりの新郎の結婚式に、新郎が起こした事件の被害者遺族が乗り込んできた

新郎が殺人で少年院上がりの結婚式。

いじめの延長で同級生を殺してしまったんだが、少年院を出た後は大学まで出て、しっかり社会人になって結婚、式を挙げた。

その結婚式に、殺された被害者側の親とその取り巻きみたいのが乱入してくるという前代未聞の式に遭遇したことがある。

≪スポンサーリンク≫

恨みを抑えながら、加害者側が幸せの絶頂の時期になるまで我慢していたのだろうか。

ご結婚おめでとうございまーすとか言いながら乱入してきて、皆にはサプライズの人か?みたいな目で見られていたが、ズカズカと司会者に向かっていってマイクを奪い、加害者側と被害者側の関係を説明。

その後もいろいろあったが、一番印象に残ってるのは、泣き崩れるウエディングドレス姿の新婦に、動物かなにか?の血をバケツ一杯ぶっかけたシーン。とにかく凄惨だった。

「人殺しの嫁にはその方が似合ますよー」とかいう内容の理由をマイク越しに大声で言っていた。取り巻き連中は「ひっとごっろし♪」というコールを延々と続けているし、まさに地獄絵図。

次ページへ続きます

関連記事