旦那が私有地に作ったツリーハウスに、見知らぬ奥が「あの遊具の階段は手すりが無くて危ない!うちの子を遊ばせられない!」と文句を言い出した

旦那が私有地に作ったツリーハウスに、見知らぬ奥が「あの遊具の階段は手すりが無くて危ない!うちの子を遊ばせられない!」と文句を言い出した

うちの主人が趣味で作った、ツリーハウスもどきに
粘着してくる人が居て困ってる。

祖父の代に副業で植木屋さんっぽいことしてた名残で、
木がたくさん植わったまま放置されているところ(私有地)に、
廃材やら鉄パイプやら持ち込んで、木に括り付けて、2畳ほどの小屋と、
登り棒やら縄梯子やら、いろいろ作ってウチの子と従兄たちを遊ばせてた。
もちろん大人が同行してる時限定で。

≪スポンサーリンク≫

 

家から少し離れた場所で、回りは田んぼと畑ばかりなんだけど、
しばらくすると、畑に孫を連れてきた近所のじじばば達が、
「ウチの子も遊ばせていいか?」って言ってくるようになった。
みなさん古くから付き合いのある近所の方で、主人も小さい頃から
お世話になってるし、逆に迷惑かけてきた過去も(畑で遊んで作物荒しちゃったり)
あるので、「安全なものじゃないから、ちゃんと見ててあげて下さいね」
「怪我は自己責任で」と言う約束で、「自由に使ってください」って事になった。
これが8月の話。

先週、見慣れないアラホーな感じの奥様が突然訪ねてきた。

次ページへ続きます

関連記事