【壮絶】家族に散々暴力を振るってきた兄が婚約者を連れて帰省してきた。婚約者「これ手料理?こんなの食べれません」母「…そうよね、ごめんね」⇒ ブチ切れた俺は・・・

【壮絶】家族に散々暴力を振るってきた兄が婚約者を連れて帰省してきた。婚約者「これ手料理?こんなの食べれません」母「…そうよね、ごめんね」⇒ ブチ切れた俺は・・・

スッキリしないかもしれないし、長いけど良かったら聞いてくれ。

俺は3人兄弟の末っ子(兄、姉、俺)で、
母は足に障害を持ちながらも俺達3名を女手一つで育ててくれた凄い人なんだ。
正直父親の記憶は殴られた記憶しか無い。
それは兄も姉も同様で、離婚した後は見事に兄が親父のDVの血を引き継ぎやがった。

≪スポンサーリンク≫

姉は毎回俺を庇ってくれて傷だらけで、母親にも手をあげる始末。
ヘルメット、バット、掃除機、一通りの物では殴られたかな。
姉は上と下の前歯、計6本折れて病院送り。

徐々に優しかった母と姉もおかしくなっていった。
母は兄を怖がり3日や4日家を空けるようになり、
姉は彼氏の家に入り浸るようになった。
残された俺中学1年生。
兄とは8つ離れているので当時兄は21歳位、姉は1個下の20歳。

兄はキャッチの仕事で月40万稼いでいたらしいが、
家には全くお金を入れずにブランド品買い漁る。
姉はやがて県外に出稼ぎに行くようになった。
そうなれば標的は完全に俺。
今になるまで良く生きていられたなって本当に思う。
虐待サバイバーっていうらしいな。
まぁ、今はそれはいいけど。

次ページへ続きます

関連記事