【震撼】「日本3大ブス」説が崩壊!?まさかの「新3大ブス都市」誕生!!その不名誉な都市に選ばれたのは・・・

【震撼】「日本3大ブス」説が崩壊!?まさかの「新3大ブス都市」誕生!!その不名誉な都市に選ばれたのは・・・

「ブスの多い街」

あなたは、日本の中で

「もっともブスの多い街は?」

と聞かれたら、どちらの街を挙げますか?

ブスの多い街とは、他の都市と比べて

比較的ブスが多いと言われる街の事を言います。

 

古くから言われている日本3大ブスの産地は

「名古屋・仙台・水戸」

何とも不名誉な・・・

 

でも最近になって、「日本三大ブス」の街が

大きく変わりつつあるようです。

では「新・日本三大ブス産地」とは…!?

≪スポンサーリンク≫

旧・3大ブス都市に選ばれている理由

まずは江戸時代からずっと

「3大ブス産地」に選ばれている旧・3大ブス産地

「名古屋・仙台・水戸」が、なぜ1世紀以上にもわたり

「ブスの産地」と呼ばれているのか、

その理由をご紹介します。

 

たとえば仙台。

仙台は、昔から東北の中でも栄えている都市。

その近くには「秋田」「新潟」など美人の多いと

言われている県がわんさか。

「秋田美人」「新潟美人」という言葉はとても有名。

その近くにあるというだけで…

「嫁になれなかった」のだとか。

 

東北は綺麗な人が多い中、

嫁の貰い手のないブス達が仙台に集まると言う訳。

また、名古屋・水戸においては、

江戸時代に殿様が美女を新しい領地へ

連れて行ってしまったからなどと言われています。

次ページへ続きます

関連記事