【知っておきたい】もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?→ その時にするべき対応とは・・・

 

【知っておきたい】もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?→ その時にするべき対応とは・・・

ほとんどの人は介助犬に対する正しい対応を知らないだろう。

ここでシェアするストーリーは、介助犬がたった1匹であなたに近づいてきた場合にやるべきことを伝えるためのものだ。

テッサさんは最近SNSで、介助犬のレイダーが体験したある実話を投稿した。うっかり転倒してしまったテッサさんを見て、レイダーが発作で倒れたのだと勘違いしたときのことだ。

彼女の投稿は、介助犬1匹だけで近寄ってきたら行うべき対応を知っておく大切さを伝えている。介護犬が見知らぬ人に近づいていく理由はたった1つ。飼い主が危険な状態にあることを伝え、救いを求めているのだ。

≪スポンサーリンク≫

自閉症がきっかけで介助犬を飼うことに

レイダーを飼って2年半になります。この子は元々、私が自閉症だったためにやってきました。でも4、5ヶ月前、私にはてんかんの持病があると診断されました。それまで発作なんてなかったのですが、最近では数ヶ月で3度も起きました。

てんかん介助の訓練はとても難しくトリッキーです。それでもレイダーはきちんと学習し、数ヶ月でちゃんと私の介助ができるようになりました

とテッサさんは話してくれた。

介助犬が1匹で他人に近づいてくるのは飼い主の危機を伝えたい時

テッサさんは介助犬が1匹であなたに近づいてきたら、その後についていって欲しいと訴える。介護犬は、飼い主が危険にあることをあなたに伝え、救いを求めているのだ。

テッサさんの体験を読んで、ほんの少しだけ考えてみよう。

次ページへ続きます

関連記事