【黒い過去】興信所の資料を見て、涙が止まらなかった。私は2人を罰する事にした。妻の最後の言葉は『やめて、あなた何をするつもりなの』だった。

【黒い過去】興信所の資料を見て、涙が止まらなかった。私は2人を罰する事にした。妻の最後の言葉は『やめて、あなた何をするつもりなの』だった。

少し書いても良いでしょうか、昔話です。

妻 26 間男 33 (当時)

私は田舎から出てきて東京で働いてました。
真面目なだけの面白くもない男でしたよ。

≪スポンサーリンク≫

そんな真面目なだけの私を、好きになったという妻は
美人ではないが可愛らしい感じの普通の女でした。

普通の女と結婚して、普通に年をとっていくのかなと思っていましたよ。
ごくごく普通の平凡な幸せ、私にはそれで十分でした。

幸せの終わりなんて突然やってくるんですね。

次ページへ続きます

関連記事