【涙腺崩壊】医者「お母様の余命は3ヶ月です」俺「生体肝移植は出来ないんですか?」⇒ そう訊いた瞬間の医者の表情を俺は見逃さなかった

【涙腺崩壊】医者「お母様の余命は3ヶ月です」俺「生体肝移植は出来ないんですか?」⇒ そう訊いた瞬間の医者の表情を俺は見逃さなかった

2012年に入ってすぐくらいから奇妙なことが起きだした。

すれ違った人の顔が一瞬母親の顔に見える。

あれ?っと思った瞬間には、別人だと気がつく。

たとえば年齢や背格好が似てる人ならまだしも、年齢も性別も背格好もバラバラの人なのに、ほんの一瞬だけ顔が母親の顔に見える。
そんなことがほぼ毎日のように1日に4~5回あった。

さすがに何かあったんじゃないかと思って何度か電話をしたが、母親の様子はいつもと変わりがない。元気そう。
気のせいで済ましていた。

≪スポンサーリンク≫

3月、母親から電話があり、春くらいに従兄弟たちやみんなで集まってバーベキューをするという。

あんた1人だけ行かないわけにいかないから、絶対に来いと。
そういう集まりにあまり行こうとしない俺の性格を見越して、絶対に参加することを強く約束させられた。

そして4月に入ってからバーベキューの日が5月6日に決まったという知らせがあった。

 

4月24日の朝、妹から母親が入院したとのメールがあった。

このときは「念のために検査」という目的で、午後には本人からも電話があり、「たぶんお母さんはバーベキューには行けないけど、あんたは絶対に行きなさい」とのことだった。

5月6日、バーベキュー。妹は母親の看病のため参加しなかった。

20年以上ぶりに会う従兄弟たちはもう充分にオッサンオバサンになっていて、俺以外には1人を除いてはみんな結婚している。
4~5歳の子供がいるやつもいる。
それを羨ましそうに見ている父親を見ていると胸が痛んだ。

従兄弟たちにも「にいちゃん、早く結婚しておばちゃん安心させたって」と散々言われ、少々鬱陶しく感じながらも、小さな子供たちを羨ましそうに見ていた父親や入院中の母親のことを思うと、返す言葉もなかった。

バーベキューは思ったよりも楽しく、叔母や従兄弟や血のつながったやつらと会うのも悪くないと思い、お互い連絡先を交換した。

あ、ちなみに俺は40才で古い言い方をすると典型的な独身貴族だ

翌日妹からメールがあった。

次ページへ続きます

関連記事