【悲劇】取材スタッフが凶悪なヒグマに食い殺された・・・『どうぶつ奇想天外』で起きた史上最悪の死亡事故がこちら!

【悲劇】取材スタッフが凶悪なヒグマに食い殺された・・・『どうぶつ奇想天外』で起きた史上最悪の死亡事故がこちら!

ヒグマの映像を撮るために取材中、ヒグマに食い殺されたスタッフ・・・
『どうぶつ奇想天外』で起きた史上最悪の死亡事故とは…!?

『どうぶつ奇想天外』で起きた史上最悪の死亡事故

1993年放送を開始し、TBSの人気番組として2009年まで放送された『どうぶつ奇想天外!』。

その根強い人気から、2016年には復活特番も放送されています。

人気の動物をテーマにしたクイズ形式の番組で、家族揃って安心して楽しめると人気だったこの番組に似つかわしくない死亡事故があったことをご存知でしょうか?

≪スポンサーリンク≫

その事故は放送開始から4年目にあたる1996年に起きました。

取材のきっかけは、動物写真家の星野道夫から持ち込まれた「ヒグマと鮭(サケ)」を写真に収める様子をレポートする企画でした。

 

これまでヒグマの撮影を何度もこなしてきた星野道夫が、ヒグマに襲われてしまったのです。

 

一体何が起こったのか…。

今回は、その悲劇的な事故の一部始終をご紹介いたします。

次ページへ続きます

関連記事