【閲覧注意】ニュースでは絶対報じない凶悪少年犯罪の犯人の顔と実名暴露!凶悪少年犯罪者の素顔とは・・・

【閲覧注意】ニュースでは絶対報じない凶悪少年犯罪の犯人の顔と実名暴露!凶悪少年犯罪者の素顔とは・・・

どんなに凶悪な犯罪でも19歳以下ならば、犯人は少年法により顔と実名は保護されることになり、例え死刑判決が下されても実行されることは稀です。そんなニュースでは報じない凶悪少年の顔と名前を大公開します。少年法って必要でしょうか…?

ここ20年以内に起きた凶悪な少年犯罪の実名と顔を公開します!

被害者の関係者の辛い気持ちは一生無くならないでしょう。しかし、神戸連続児童殺傷事件の『酒鬼薔薇聖斗』の例でもわかる様に、被害者はずっと苦しんでいるのに当人たちは『手記』など出版して有名人気取りです。

ならば、逃げ隠れ出来ないように実名と顔をここで大公開しちゃいます!

神戸連続児童殺傷事件

1997年、神戸で発生した連続児童殺傷事件です。被害者の1人(男の子)は頭部を切り取られて、校門の上に晒されていました。

≪スポンサーリンク≫

 

吉祥寺女性殺傷事件

2013年2月28日、

東京都武蔵野市吉祥寺の路上で帰宅途中のアルバイト女性(当時22歳)が2人組の少年に襲われ、後ろから刃物で刺されて財布などが奪われる事件が発生。

被害女性は病院に搬送されたが背中を2箇所刺されており、うち1箇所は肺にまで達しておりほぼ即死だった。

三重県中3女子死亡事件

2013年8月25日

三重県三重郡朝日町で発生した女子中学生強盗殺人・死体遺棄事件。

犯人は犯行当時18歳だった。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事