【胸糞注意】神戸東須磨小学校の教師によるいじめ問題。加害者教師4名の実名が特定される!

【胸糞注意】神戸東須磨小学校の教師によるいじめ問題。加害者教師4名の実名が特定される!

神戸市立東須磨小学校で4人の教員が同僚の教師をいじめしていた問題で、凄まじい内容のいじめが繰り広げられていたことが明らかとなりました。

今回は、この問題のいじめ加害者4人の実名がネット上で特定されたとのことでご紹介します。

東須磨小学校で先生によるいじめが発覚

メディア各局が以下のようなニュースを報じ、世間に衝撃を与えました。

神戸市須磨区の小学校で、男性教師が同僚の教師4人から暴行や暴言などのいじめ行為を継続的に受けていたことが分かりました。

神戸市教育委員会によりますと、教師間のいじめ行為があったのは須磨区の市立東須磨小学校です。20代の男性教師は去年から先輩教師4人にコピー用紙の芯で尻が腫れるまでたたかれたほか、無料通信アプリ「ライン」を使って女性教師らに性的なメッセージを送るよう強要されたということです。男性教師は精神的に不安定になり、先月から休職しています。学校側は別の教師からの相談で6月にいじめ行為を把握、7月に市の教育委員会に報告していましたが、市の教育委員会が調査を始めたのは先月、男性教師の家族から連絡が入った後でした。今月に入っていじめをした側の教師4人も休んでいて、市の教育委員会は人員の補充を検討しています。

出典:news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000165959.html

≪スポンサーリンク≫

10月4日午後、学校現場でいじめ行為があったと明らかにした神戸市教委。しかし、いじめは児童や生徒間のものではなく“先生同士”のものでした。

いじめ行為があったのは神戸市須磨区の市立東須磨小学校。30代の男性教諭3人と40代の女性教諭1人が同僚でいずれも20代の教員4人(男性2人、女性2人)に対して、去年から今年にかけて継続していじめ行為をしていたというのです。

その内容は陰湿なものでした。

「携帯電話にいたずらをしてにロックをかける。コピー用紙の芯でお尻を殴る。」(神戸市教育委員会の会見 4日午後2時頃)

被害を受けた男性教諭によりますと、先輩教諭に後ろから羽交い締めにされカレーを無理やり食べさせられたり体につけられたりしたというのです。しかも、カレーは激辛だったといいます。

こうした暴行だけでなくLINEで別の女性教諭らに性的なメッセージを無理やり送らされた他、車を蹴られたり車内にわざと飲み物をこぼされたりすることもあったということです。被害を受けた4人の内の男性教諭1人は精神的に不安定になり今年9月から学校を休んで療養していて、加害側の教諭4人も10月から休んでいるということです。

学校周辺の人たちは…

「生徒のいじめを指導する立場なのに先生同士でいじめをしているということにショックを隠せない。」(30代女性)
「そういう先生に(子どもたちが)教えてもらっているのが心外。」(60代女性)

一連のいじめ行為は今年6月に別の複数の教諭から管理職に相談があって発覚したということで、市教委は加害側の教諭らの処分を検討しています。

出典:mbs.jp/news/kansainews/20191004/GE00029876.shtml

トンデモナイですよね。

教師のモラルの低下は今に始まった事ではないとはいえ、子供たちの見本的な立場の人間として、もはや最低最悪です。

しかもそのイジメの内容が、また壮絶なものでした…。

次ページへ続きます

関連記事