【驚愕】インドネシアで発見された小型の人類「ホビット」は急速な進化を遂げていた・・・!!

【驚愕】インドネシアで発見された小型の人類「ホビット」は急速な進化を遂げていた・・・!!

小さな人類「ホビット」

2003年、インドネシアのフローレス島の洞窟で小型の人骨が発見された。頭蓋骨はグレープフルーツサイズ、成人しても身長は1mあまりと、その小ささから、トールキン作品の中に出てくる小人「ホビット」という愛称が付けられた。

のちに絶滅したヒト属のものと判明し、「ホモ・フローレシエンシス(フローレス原人)」と名づけられた。7体の人骨とともに象(ステゴドン)の骨、石器などが一緒に発見されたことから、狩猟生活を行っていたと見られる。

それ以来、研究者たちは、彼らについて、どんなものを食べていたのか、祖先は誰かまであらゆることを調べている。

最新の技術で明らかになりつつあるホビットたちの生態

彼らは約19万年~5万年前、インドネシア・フローレス島のリアンブア洞窟に暮らしていた。

≪スポンサーリンク≫

最新の研究では、ホビットたち(ホモ・フローレシエンシス)がいつ、どのようにして進化したのかを特定するため、数千回もコンピューターでシミュレーションを重ねた結果、彼らが非常に急速に進化したことがわかってきた。

フローレス島の生き物の特性

フローレス島の多くの生き物は、とてつもなく大きく成長したり、逆に極端に小さくなったりしている。これは「フォスターの法則」、つまりは島という独特な環境の影響(=島嶼化)の例だ。


ホモ・フローレシエンシスの遺骨が発見された島の洞窟

多くの島の特徴である、資源や天敵が少ないという条件が合わさると、時間がたつにつれて、小さな動植物相の大きくなる傾向がある。その一方で、本土の大きな種は体が縮む傾向がある。

これは、かつてニュージーランドにビッグバードよりも遥かに大きな鳥が生息していたことや、地中海の島々をミニクーパーサイズのゾウが歩いていた理由の説明となる。

このフローレス島には、そのもっとも顕著なふたつの例がある。巨大なコモドオオトカゲと小さなホモ・フローレシエンシスだ。

次ページへ続きます

関連記事