結婚を決めた彼女に、俺『源泉徴収票を見せ合おう』彼女「プライバシーの侵害!」俺『お互いの収入を知らずに暮らすの?』すると・・・

結婚を決めた彼女に、俺『源泉徴収票を見せ合おう』彼女「プライバシーの侵害!」俺『お互いの収入を知らずに暮らすの?』すると・・・

俺の従姉は、会社員の男性と結婚したら
正社員といってたけど本当は契約社員で
月収は結婚前に聞いてた額の半分
健康保険や年金、税金も長年滞納してるという
超ブラック物件だったとわかり
即効で実家に逃げ帰って離婚を申し立てたけど
相手がゴネて揉めに揉めてやっと離婚した、
という過去がある

その経験からか、未婚の人にはよく
「結婚前にはちゃんと腹割って
お金の話をしないとダメよ。
相手に源泉徴収票を見せてと頼んで
拒まれるようなら考え直した方がいい」
と言ってた

≪スポンサーリンク≫

俺はリアルタイムで、離婚沙汰で
従姉の両親がげっそり痩せてるのを見てたから
周囲に迷惑かけないためにもそれは大事だな、
と思ってたので彼女と結婚を決めた時に、
改まってお金の話をしよう、源泉徴収票を見せあおう、
と提案した

そしたら彼女はものすごく嫌そうな顔で
「は?なんで?意味わかんない」と拒否した

従姉のエピソードを伝えると
「俺くんの親戚が騙されたからって
なんで私の源泉徴収票見せなきゃいけないの?」
「人の収入を知りたがるなんてプライバシーの侵害」
とバッサリ

じゃあ結婚しても
お互いの収入を知らずに暮らすの?と聞いたら
「俺くんの収入で生活して私の収入は貯金に回す」
貯金額がわからないといけないから
年収教えて貰わないと、と言うと
「しつこい!気持ち悪い!」と逆ギレされた

次ページへ続きます

関連記事