【衝撃】台風19号の爪痕。被害の甚大さが伝わる12枚の写真

【衝撃】台風19号の爪痕。被害の甚大さが伝わる12枚の写真

2019年10月12日、日本に上陸し広域にわたって甚大な被害をもたらした台風19号。

各地で川の氾濫や堤防の決壊が相次ぎ、東京都、長野県、栃木県、福島県、宮城県などで浸水被害が出た。

総務省消防庁によると、台風上陸から10日たった22日午前7時半の時点で、台風の影響で死者71人と行方不明者12人、重傷者32人、軽傷者383人が確認された。全半壊の住宅は1627棟、一部破損家屋は3138棟、浸水家屋は6万2400棟以上。

また、内閣府によると21日午後1時の時点で、11都県139カ所の避難所で3961人が避難生活を余儀なくされています。

これから寒くなる時期、被災された皆さんの体調が心配されますが、今回の台風であまり大きな被害を受けることのなかった地域の方々にも、今回の被害をリアルに受け止めていただきたく、今回、12枚の台風被害の画像をご紹介させていただきます。

≪スポンサーリンク≫

1. 自衛隊の救助活動が進む。宮城県柴田町。

2. 浸水した住宅街を歩く人たち。宮城県柴田町。

3.冠水した道路と、取り残された車。川崎市。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事