【京都アニ放火事件】会話を交わせるまでに回復した青葉容疑者。捜査員の聴取に「どうせ死刑になる」→ 容疑者の親戚「針のムシロ」

【京都アニ放火事件】会話を交わせるまでに回復した青葉容疑者。捜査員の聴取に「どうせ死刑になる」→ 容疑者の親戚「針のムシロ」

「どうせ死刑になる」

7月に京都市伏見区で起きた「京都アニメーション」放火殺人事件。

日本中に衝撃を与えたこの事件、犯人である青葉真司容疑者(41)自身も全身やけどで意識不明の重体となり、入院・治療を受けていましたが、ようやく会話を交わせるまでに回復したとのことで、京都府警の捜査員が事情聴取を行ったとのこと。

青葉容疑者は「どうせ死刑になる」などと話したという。

捜査関係者によると、府警の捜査員が今月8日、大阪府内の病院の病室で、青葉容疑者から初めて任意で事情聴取した。青葉容疑者は会話を交わすまでに回復しているものの、自力では立てない状態で、京都府警は今後、回復具合をみて逮捕時期を判断する。

青葉容疑者は7月18日午前、京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオにガソリンをまいて放火し、36人を殺害、33人にけがをさせたとして、殺人や現住建造物等放火の容疑などで逮捕状が出ている。

引用元: news.livedoor.com/article/detail/17355544/

≪スポンサーリンク≫

約1か月前には気管に挿入されていたチューブを外し、会話をしたり、体を動かすリハビリをしたりしていたそうです。

それにしても、「どうせ自分は死刑になる」とか…。

これだけのことをしておいて、自分勝手も甚だしいですね。

青葉容疑者の身内は…

メディアの取材で青葉容疑者の生い立ちなども判明してきました。


中学卒業時の青葉容疑者

そんな中、容疑者の実の伯父にあたる親戚はこう語ったといいます。

「亡くなった方や遺族のことを思うと、自分たちが今、ここにこうして生きているのも許されない気持ちになります……」
引用元:bunshun.jp/articles/-/13368

ところで、青葉容疑者に両親や家族はいないのでしょうか…?

じつは青葉の父は、6人の子供がいる家庭を持ちながら、自身がバスの運転手をしていた幼稚園の先生と不倫。3人の子供を儲けたのだとか。

その後両親は離婚し母親が出ていったそうですから、かなり複雑な家庭ではあったようです。

次ページへ続きます

関連記事