【武勇伝】ヤンキー「黙ってんじゃねーよ」 私「それじゃぁ遠慮なく」

【武勇伝】ヤンキー「黙ってんじゃねーよ」 私「それじゃぁ遠慮なく」

武勇伝かどうかは分からんが厨房のころの話。

いつの間にかクラス内の女子グループから妙に嫌がらせを受ける様になった。
背後で聞こえるように悪口、問いつめれば「誰もあんたの事とは言ってない」とかいうまぁよくある手口
授業中に手紙回してきて何かと思えば「うざい」とか「ムカつくから学校やめろ」とか。

ああ、これが俗に言うイジメなのね…と妙に冷めていたんだがそれがムカツいたらしい。
ある日休憩中に教室で本を読んでいたらそのグループのボス的存在の子(以下A)が
Aの先輩(以下BとC、所謂ヤンキー(w)を連れてやってきて私を無理矢理立たせて教室の隅へ。

何を言っていたんだかよく覚えてないけど、
「その顔で○○って名前?ふざけんな」とか「Aに対して生意気なんだよ」とか言ってたと思う。
んな理不尽な…と思ったが絡まれたのが初めてで内心かなりビビっていたので黙っていたら、
いきなり1発平手が私の顔にヒット。
瞬間何かがフッ切れた。いやブチ切れた。

≪スポンサーリンク≫

怒りがMAXに達すると同時に頭がすーっと冷めた。
「黙ってんじゃねーよ」って言われたので、
「それじゃぁ遠慮なく」と断りを入れておいて
Aには「自分1人でかかってこれないなら最初からやらないようにね」と言い、
先輩連中には「おだてられて後輩にいいように使われてるのも分からないんですか?」
怒って私の胸ぐらを掴み、ヤキ入れるぞと脅す彼女らに、
「勝手にどーぞ、あ、学校にバレるのまずいです?じゃぁ先生の所には行きません。
代わりに警察行って傷害で訴えます。先輩今年受験ですよね、まぁ警察沙汰になったら
行ける高校なんてまずないでしょうから受験やめるつもりなんですね。働くって言っても
前科持ちじゃ仕事ないと思いますけど。
治療費と慰謝料は結構ですから、あなたがそんなに稼げるなんて誰も期待しません。」
…みたいな事を延々と語ってあげました。

次ページへ続きます

関連記事