【驚愕】ヒトから採取した精子を適温の水槽に入れて育てたらどうなる!?→ 結果がヤバいことに…!!

【驚愕】ヒトから採取した精子を適温の水槽に入れて育てたらどうなる!?→ 結果がヤバいことに…!!

ヒトの精子を適温の水槽で育てると…?

「ヒトの精子を適温の水槽で育てると、熱帯魚のような白色の魚に成る」

京都大学の研究で明らかになったとのツイートが2015年11月にされると、大量リツイートされ一気に拡散されました。

この世紀の発見が最初に発表されたのは、じつは2008年4月1日だったとのこと。

≪スポンサーリンク≫

当時発表されていた内容がこちら

この発見をしたのは、京都大学の卯月一(うずきはじめ)教授ら。そう、卯月一、うずきはじめ教授、だ。この、熱帯魚のような魚は、プランクトンを餌に生き、平均寿命は8年で、雄と雌にわかれ、子孫繁栄をするとのこと。卯月教授はこう語る。

「ヒトの精子はひとつの生物。今の生態系の全面的な見直しが必要。」

この研究結果は、2008年4月1日に発表されたようだ。4月1日に間違いないことは確かなのだ。

引用元: fast-fasting.com/news_BdPezQ0IL.html

クドいほど4月1日を強調した上、卯月とは4月のこと。

つまり卯月一とは4月1日のことを指しているように、これはエイプリルフールのネタとして発表されたものでした。

その発表日や卯月一教授の名前がなく、さらにうなぎの稚魚の写真をつけて投稿したツイートなので、ネタだと気づかなかった人がたくさんいたようです。

それを信じたのか面白がったのかわかりませんが、大量リツイートされてしまったのです…!

次ページへ続きます

関連記事