【必見】NHK受信料の集金人を追い払う方法がコチラ!とっておきの『魔法のセリフ』BEST5を大公開!!

【必見】NHK受信料の集金人を追い払う方法がコチラ!とっておきの『魔法のセリフ』BEST5を大公開!!

ピンポンが鳴ったと思ったらNHK。

「受信料なんて払いたくない!」という人は多いと思います。

放送法で「受信料の支払いは義務」となっているものの、違反をしてもとくに罰則も無い上に、オートロックで門前払いできるマンションなどでは、そもそも集金人と会うことを避けられるためNHKと契約していない人も多く不公平感が拭えない上、最近は職員の不祥事に加えて公共放送としても疑問視されていることもあり、払いたくないというのも無理はありません。

とはいえ、ここで「NHKと契約をせずに済む方法」という形でお伝えすると、法律違反を斡旋してしまうことになるので、今回ご紹介するのは、あくまでも『NHK受信料の集金人を追い払う方法』です。あしからずご了承ください。

「NHKと契約することは義務」だけど「NHKと契約しなければ受信料は請求されない」ので。

ちなみに、契約をしてしまった以上は払わなければなりません。契約をして払わなければ契約違反となるので、裁判となったら100%負け、契約からの期間分は丸々払うことになります。

ただし、『0120-151-515』や各都道府県のNHK支局に連絡し、「テレビを処分した」「県外に引っ越す」などと告げる(書類の提出を求められる場合もあり)ことで、解約することは可能です。

≪スポンサーリンク≫

ところで、そもそもNHK受信料っていくら?

NHKの受信料は月額1,310円、BS/CS付きなら月額2,280円です。

もし18~80歳まで支払い続けた場合、974,640円もかかってしまいます。

中古のクルマが買えてしまう・・・。

NHKに月2,300円も払うなら「スカパー!」でライブやスポーツなどの好きなチャンネルを契約したほうがはるかに得ですね。

ちなみに、以下は2018年5月にNHKより発表された「受信料の支払い率」です。

NHK受信料の支払い率(全国)

受信料を払っている :79.7%
受信料を払っていない:20.3%

出典:hikkosi-hack.com/wp-content/uploads/2016/07/NHK2018.pdf

5人のうち1人は払っていないということになりますね。

NHK受信料の支払い率(都道府県別)

1位 秋田県 97.2%
47位 沖縄県 49.8%

ちなみに東京都は68.1%、大阪府は65.7%と都市は支払い率が低くなっています。

都市部は引越ししてくる人が多いということもあるでしょうが、オートロックタイプのマンションが多いことも理由の一つかもしれませんね。

 

さて、いよいよ次のページでは『NHK受信料の集金人を追い払う方法』をお伝えします。

次ページへ続きます

関連記事