【正解率10%!?】小4の問題が、意外とムズい!『3つの正方形の面積の合計は?』超難問クイズ!あなたはわかりますか?

【正解率10%!?】小4の問題が、意外とムズい!『3つの正方形の面積の合計は?』超難問クイズ!あなたはわかりますか?

3つの正方形の面積を計算するクイズ!小4の問題なのに、かなりムズいと話題に!

正解率10%といわれる超難問に挑戦してみませんか?

簡単そうで難しい正方形の面積問題

大きさの違う正方形を3つ並べています。
この正方形の面積を合計したものを、計算しないとイケません。

上の図のような3つの正方形が並べてあります。
3つの正方形、一辺ずつの合計が25cmです。

どうやったら正解に辿り着けるでしょうか?

≪スポンサーリンク≫

じつは変数『x』を使うと簡単に解ける

この様な問題を解くには、変数xを用いると、
簡単に解けます。大きい正方形の一辺をxとすればいいのです。

(x-8)+(x)+(x-3)= 25 という式から、
3x +(-11)= 25ですから、3x = 36 で、大きな正方形の一辺が、
12cmになります。

右側の正方形は一辺が 9cm。左側の正方形は一辺が4cmです。

真ん中の正方形の面積は、12cmの2乗=144c㎡、
左側の正方形の面積は、4cmの2乗=16c㎡、
右側の正方形の面積は、9cmの2乗=81c㎡となります。

合計では、144c㎡ + 16c㎡ + 81c㎡ = 241c㎡ というのが正解です。

 

しかし、ここで疑問です。
小学4年生は、まだ変数xを習っていません。

それでは、小学4年生はどのようにして解くのでしょうか…?

次ページへ続きます

関連記事