【驚愕の展開】BBQしてたら、すぐ隣で子連れのママたちが準備に手間取ってた。「お手伝いしましょうかー?」と声を掛けた結果・・・・・・

【驚愕の展開】BBQしてたら、すぐ隣で子連れのママたちが準備に手間取ってた。「お手伝いしましょうかー?」と声を掛けた結果・・・・・・

先週、友達と前から計画してたBBQをやった。
女ばかりなんだけどこれでもかってくらい肉もお菓子も用意した。
それと私のアパートがBBQの場所のすぐ近くで、アイスや肉なんかもそこで冷やしてた。

そしてやっぱり夏休みなので家族連れが多くて、予約した場所のすぐ隣でも小学生くらいの子供を連れたママたちがBBQの用意をしてた。
こっちはアウトドア系サークルの子がいて設営もさくっと終わったんだけど、少し先についたらしいママたちはなんだかものすごく手間取ってた。

それを見かねて何人かで「お手伝いしましょうかー?」って声を掛けた。

≪スポンサーリンク≫

物は揃ってたから準備はすぐ終わったんだけどママたちはなんだかやたらと注文を付けてくる(鉄板と網はこう並べてくれとか)。
それに少しもやっとしながらも自分らが言いだしたことだしとそれなりにリクエストには答えつつ準備を終わらせた。
そうこうしてるうちに残ってた子が肉を焼いててくれて、戻った時にはちょうど食べごろだった。

そこに「あのー」っと一人のママが近づいてきた。

ママ「すみません、もうお肉焼けたんですか?」
友1「はい~。そちらのはもう少し火が起こったら焼きそばとかもできますよー」
ママ「子供が食べたがってるんです。少し分けてください」
メダマドコー

友1「いや、これ私たちの買ったのですし」
ママ「子供がお腹を空かせてるんです!」

あなたたちのお肉がなかったら子供は飢死してしまう!みたいな目だった。
そしてママたちも止めるでもなくこっちをニヤニヤ見てるだけだった。

慌てて別の子が間に割って入って「ほらー空腹は最大の調味料とか言うじゃないですかー。焼けるのをわくわくしながら待つのもBBQの醍醐味ですよ」とか言いつつ美味しい焼き方教えますよーってそのままママたちのスペースに。
そのときはそれで事なきを得た。

まあ私たちの間では「あの人たち何?」って空気は流れたし、タープの位置をずらして向こうからの視線を軽く遮ることにはした。
そして持ってきた肉も粗方消費して、そろそろアイスでも食べようと言う話になった。

空いたクーラーボックス持ってほぼ目の前のアパートからアイス持って戻ってきたところでママたちに取り囲まれた。

次ページへ続きます

関連記事