【涙腺崩壊】結婚して子供が産まれても家に帰らず好き勝手放題の俺に、ある日保育園から電話が。⇒保育士『お母さんが迎えに来ない。お父さんに迎えに来てほしい』

【涙腺崩壊】結婚して子供が産まれても家に帰らず好き勝手放題の俺に、ある日保育園から電話が。⇒ 保育士『お母さんが迎えに来ない。お父さんに迎えに来てほしい』

俺はどうしようもないクズだった。

中学卒業して進学もせず働きもせず、
地元のやつらとつるんでは悪いことばっかりしてた。

16の夏強盗と傷害で少刑に入った。
出所後、生き方を変えようと決意したけど、
人間関係がうまくいかず職場を転々として挫折。

結局それからも悪いことばっかしてたんだよ。
何してたかとかは端折る。御想像におまかせするわ。

 

22歳になって、
街でナンパした女が妊娠して所帯持ちになってしまった。
相手は24歳のキャバ嬢。

嫁と子供ができても、俺は全然変われなかった。
いや変わらなかった。

クラブに行っては女をナンパして、
どっかの宿で目が覚める。
そのままツレん家行って時間潰し。
夜になったらまたクラブって感じだった。
嫁と子供が住んでるアパートには、
週に一回帰るかどうかって感じだ。

どうでもよかった。何もかも。
俺の人生ド底辺だしもうやりたい放題だった。

≪スポンサーリンク≫

籍入れて最初は、
しょっちゅう嫁からメールや電話があったけど、
当然シカト。
呆れ果ててたんだろう。嫁からの連絡はなくなった。

たまに家に帰れば喧嘩。
「ちゃんと仕事してよ。
生活費だけでもいいから入れて。」
「うるせー。
キャバクラで働いてた時の貯金があんだろーが。
指図すんな。」
正直めんどくさかった。

 

一応結婚してすぐはちゃんと働いてたんだ。
契約だけどさ。
工場部品の営業なんだけど、
全然契約がとれなくっていつも上司にどやされてた。

無能だとか、中卒だから駄目だとか、
クズに無駄な給料払ってやる余裕はないって言われて、
まあ正論なんだけどな。

ある日、会社の係長の財布がなくなったんだ。
疑われたのが俺だ。
いや、完全に犯人扱い。
まあフラグがたってるよな。

上司
「おい俺!お前え仕事は出来ねーのに、
泥棒はするんだな」

いつも俺を目の敵にしていた上司が、因縁つけてきた。


「いや、やってねーっすよ」
上司
「おまえ以外に誰がやるんだよ。バカか?」
書類で頭を叩かれた。

すると女子社員が来て…
「係長の財布見つかったそうです。
お昼に定食屋さんに忘れてきたみたいで」

次ページへ続きます

関連記事