【五輪の闇】新卒23歳現場作業員が失踪、過労自殺『時間外労働212時間』

【五輪の闇】新卒23歳現場作業員が失踪、過労自殺『時間外労働212時間』

新国立競技場の建設工事に関わっていた23歳の新卒男性が今年3月に失踪し、長野県で遺体で見つかった。警察などの調査で、遺書とみられるメモも見つかった事から自殺と判断された。

なぜ彼は自ら命を絶ったのか…

男性は、大学卒業直後の2016年4月、都内の建設会社に就職し、現場監督をしていた。

2016年12月17日、新国立競技場地盤改良工事に従事することになって以降、極度の長時間労働、深夜勤務、徹夜が続いた。自殺直前の1カ月で、徹夜が3回もあり、夜22時以前に仕事が終わったのは5日だけだったという。

このような過酷な労働状況が自殺の原因であると、両親は上野労働基準監督署に労災認定を申請、代理人の弁護士が7月20日に厚労省で記者会見した。

 

男性が関わっていたのは地盤改良工事で、チームは5人程度、新卒は彼ひとりだけだったという。現場では、写真撮影、材料の品質管理、安全管理などを担当していたとのこと。

元々新国立競技場は、設計段階で計画が二転三転し、工事のスタートが非常に遅れていたのだそう。

そのため、競技場建設に携わる労働者には「オリンピックに間に合わせる」ため、大きな重圧がかかっていたといいます。地盤改良は、基礎工事の前段階で、すべての工事の前提となるため、その作業日程は極めてタイトなものになっていたのでしょう。

その結果、現場は相当無理な勤務を強いられてきたことが想像できます。

≪スポンサーリンク≫

「極めて異常な長時間労働が続いていた」

川人弁護士が、会社・元請けから提供された資料に基づいて分析した結果、自殺直前の1カ月の時間外労働は211時間56分。2カ月前は143時間32分だった。

この勤務時間は、セキュリティ記録やパソコンの記録、通勤の記録などから割り出したものだという。これは、会社の労使協定(36協定)を、はるかに超過していた。

男性は、あまりにも過労状態だったので、車通勤を辞めた。2月半ばからは、片道1時間かけて電車で通うようになった。

起床は午前4時半、帰宅は0時半〜午前1時。現場の仮設事務所には、仮眠室は存在しなかった。

同居していた両親によると、起こそうとしても、なかなか起きられない状態だった。亡くなる1カ月前には、1日平均2〜3時間程度の睡眠しか確保できていなかったはずだという。

これだけでも、労働者の人権を無視していると言われても仕方がないほどだが、じつはさらに酷い事実もあったという。

次ページへ続きます

関連記事