【驚愕】2歳児で一日40本喫煙!あの男の子は今どうしてる?あの2歳とは思えなかった病的な体は今・・・

【驚愕】2歳児で一日40本喫煙!あの男の子は今どうしてる?あの2歳とは思えなかった病的な体は今・・・

2歳で一日40本喫煙していると話題になった、インドネシアのアルディ・リザルくんは、現在、どんなことになってるの?

インドネシアの、アルディ・リザルくんのその後!

それは、2010年の事でした。慣れた手つきでプカプカと、
タバコの煙を吐き出す姿が世界中で波紋を広げました。

一躍有名になったのは、インドネシアの2歳・男児、アルディ・リザルくん。
2歳だったのに1日40本も喫煙していたのです。

しかし、9歳になった頃から、喫煙の習慣から縁を切ったようです。
健康な学校生活を送っいるとの報道がありました。

≪スポンサーリンク≫

2歳でニコチン依存症になった、アルディ君

インドネシアのスマトラ島にある小さな村でアルディ・リザル君は、
暮らしていました。2010年、2歳の時に、ニコチン依存症になっていたのです。

それは、父親のムハマドさんが、アルディ君が1歳半の時に、
タバコを与えてしまったのがきっかけでした。

直ぐに、アルディ君は、1日に40本もの喫煙が習慣化しました。
この姿が世界で報じられ、インドネシア政府が介入して、
徹底した治療を受けることになっていたのです。

ところが・・・

禁煙成功の反動で、激太り!

タバコとは、縁を切ったアルディ君でしたが、
そのストレスのせいか、反動で、激太りした姿が報道されました。

その後アルディ君は、新鮮なフルーツや、野菜中心の食生活を専門家から指導され、ダイエットに励んだのだとか。

その結果、現在のアルディ君の姿は・・・

次ページへ続きます

関連記事