【驚愕マメ知識】ニキビが出来る場所でどの臓器に毒素がたまってるかがこちらの図で分かります!

【驚愕マメ知識】ニキビが出来る場所でどの臓器に毒素がたまってるかがこちらの図で分かります!

ニキビは身体の不調を示すサインと言われます。

ニキビが出来る場所でどこが不調かがわかる図がネットで話題になりましたのでご紹介します!

ニキビの出る場所で悪い臓器がわかる図

お肌の手入れをしっかりやっていても出てしまうニキビ…

その原因は、ストレスだったり、睡眠不足だったり、栄養不足だったり、暴飲暴食だったり、様々な理由があります。

≪スポンサーリンク≫

西洋医学では皮膚の病気とされるニキビや吹き出物。東洋医学では、ニキビは肝臓が解毒しきれなかった毒素を皮膚が処理した結果だと考えます。

人間は毒素を体外から取り込んだり、体外の中で作ってしまいます。

体外から取り込む毒素は、病原菌やウイルス、タバコの煙や大気汚染物質、過度な農薬や食品添加物など。

体内で作られる毒素は、腸内の悪玉菌が作る腐敗したガス、ストレスで出来る活性酸素、疲労で出来る乳酸などです。

それらの多くは許容範囲内であれば肝臓で処理され、便や尿などになり体外に排出されます。

しかし、その量が肝臓の処理できる量を超えると、血液中には毒素が増えます。

その血液中に増えた毒素を皮膚細胞が炎症を起こして膿として排出するのがニキビ・吹き出物だと東洋医学では考えられていて、これを「発表解毒(はっぴょうげどく)」と呼んでいます。

そして、ニキビの出る場所で肝臓が処理しきれない毒素がたまっている臓器ががわかるそうです。その図が今ネットで話題に!

その図は…次のページで公開いたします!

次ページへ続きます

関連記事