【秀逸】Instagramで活躍するイギリス人アーティストが「タダで絵を描いて欲しい」と言ってくるファンに対し、とった行動とは・・・

【秀逸】Instagramで活躍するイギリス人アーティストが「タダで絵を描いて欲しい」と言ってくるファンに対し、とった行動とは・・・

友人から「おいしかった」と聞いたからといって、人気のパン屋さんに駆け込んで「タダでパンを下さい」とは言いませんよね。 ましてやチームの大ファンだからといって、野球の試合を観にスタジアムに詰めかけて「チケットをタダでくれ」なんて訊くような図々しい人はまずいないと思います。

しかし、Instagramに作品を投稿する芸術家たちが、毎日の様にそういった図々しいファンの無茶なお願いを受けているのをご存知ですか?

イギリス・バーミンガム出身のジョン・アートン(@jonarton)もそんな芸術家の一人です。

≪スポンサーリンク≫

ジョンが描く有名人やキャラクターの絵はInstagramで大変評判で、すでにフォロワー数は5万8千人を超えています。

この投稿をInstagramで見る

Thanks for tuning into my live video everyone! Should have this @tommywiseau charcoal drawing complete soon. Drop me a message if you’re interested in it!

I do art(@jonarton)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

@thehughjackman as Logan. Charcoal on a1 sized cartridge paper. Hope you like it guys! ?? swipe to see a clearer image.

I do art(@jonarton)がシェアした投稿 –

自身の技術を向上するため日々鍛錬を重ねてきましたが、投稿を見た自称ファンからの「タダで私の絵を描いて」という質問に、日々頭を抱えていました。

「ファンだから無下にするわけにはいかない、でも自分の技術を安売りするわけにもいかない…」そんなジレンマに苛まれたジョンは、ある冷酷すぎる方法で図々しいファンたちを懲らしめることにしたのです。

そんなファンとのやりとりを捉えたジョンの投稿が秀逸過ぎます!

詳細は次のページでご覧ください!!

次ページへ続きます

関連記事