【驚愕】アメリカとイランの軍事力の差は?世界の軍事力ランキング トップ25[2019年版]

【驚愕】アメリカとイランの軍事力の差は?世界の軍事力ランキング トップ25[2019年版]

米軍によるイラン司令官殺害には世界中が驚愕しました。

まさに一触即発の状況でしたが、米国トランプ大統領の声明により、ひとまず落ち着いたかのように見えます。

ただ、もし万が一…を考えると、とても恐ろしいですが、仮にそうなった場合、米国とイランでは軍事力にどれほどの差があるのか…

そこで今回は、世界の軍事力ランキング トップ25[2019年版]をご紹介したいと思います。

 

ただ、それぞれの国の軍事力を単純に比較するのは非常に困難です。

そこで今回、グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower)の「2019年軍事力ランキング(2019 Military Strength Ranking)」は、55以上の要素を総合的に評価し、今回はモルドバを加えた世界137カ国の軍事力指数(Power Index)のスコアを算出。

ランキングは各国が保持する武器の種類を査定した上で、特に動員可能な兵員数に注目。また地理、兵站能力、利用可能な天然資源、産業の状態なども考慮に入れたのだそう。

≪スポンサーリンク≫

核兵器はボーナスとして加算しているものの、その保有量はスコアに含んでいない。海のない国は海軍を持たないことでスコアを減らしてはいないようですが、海軍があっても、艦隊に多様性のない国は減点となっているのだとか。

NATO(北大西洋条約機構)加盟国は、理論上、他の加盟国とリソースを共有しているため、わずかに加点。ただし、各国の現在の政治的、軍事的リーダーシップは考慮されていません(財政の健全性、安定性は考慮)。

軍事力指数の最高スコアは0.0000で、グローバル・ファイヤーパワーによると、これは「現実的に達成不可能」な数字なのだとか。そして、この数字に近いほど軍事力が高いことを示しています。

それでは、まず25位~16位までを一気に発表いたします。

25位~16位

25位 サウジアラビア 軍事力指数: 0.4268

24位 ポーランド 軍事力指数:0.4059(NATO加盟国)

23位 ベトナム 軍事力指数:0.3988

22位 台湾 軍事力指数:0.3956

21位 カナダ 軍事力指数:0.3941(NATO加盟国)

20位 スペイン 軍事力指数:0.3921(NATO加盟国)

19位 オーストラリア 軍事力指数:0.3277

18位 北朝鮮 軍事力指数:0.3274

17位 イスラエル 軍事力指数:0.2964

16位 インドネシア 軍事力指数:0.2804

 

次のページからは上位15の発表です…!

次ページへ続きます

関連記事