【感動】仕事をクビになって、北海道へ一人旅に出たら人生観が変わった話

【感動】仕事をクビになって、北海道へ一人旅に出たら人生観が変わった話

二年前になる。
アレは猛暑の年の7月13日、オレは会社をクビになった。

持ってるものは時間と30万の貯金。そして車「キューブ」。。。

時間はあるし前から憧れていた北海道に行こうと弾丸旅行を決めた。金もそんなにないし、すべてキャンプか車で寝泊まりと考えていた。

ツーリングまっぷるなど買い漁って、積丹のウニ丼ゼッテー食ってやる!!!
とか、函館の夜景見てえ!!!とかウキウキしながらオレは旅立ち前の日を過ごしていた。。

なぜ、オレはそこまで北海道に思っているかと言うと、中学校時代修学旅行が北海道だったが当時の俺はいじめられっ子でクラスで修学旅行の班を決める時オレだけ余った。。

オレは、なんともない顔していたが悔しく、結局修学旅行は体調不良を言い訳に行かなかった。

そしてオレは当時ホントは行きたかった北海道に行ける。

行くとなったら早かった。一ヶ月?いや。もうずっと金が尽きるまでそんまま雪に埋まって死んでもいいと思った。

≪スポンサーリンク≫

7月20日オレはまず青森の八戸を目指した。
この日の22時苫小牧行きに乗るためだ。 12時間かかって八戸に到着。

そこには、色んな地方からきた車。いや、とにかくバイクが多かった記憶がある。

なにわ、秋田、和歌山、沢山の旅人がおんなじ地に向かおうとしている。

それがオレは少し嬉しかった。

 

オレはあるチャリに乗った人に話しかけられた。
内心「おい、話しかけないでくれ!!」と思った。人と話すのが苦手。

・チャリの兄ちゃんは「◯◯からですか!遠かったでしょ?」
・オレ 「ええ!でも車で高速のって来ましたから!」
・チャリ兄 「でも、立派ですよ。旅行ですか??」
・オレ「実を言うとクビになって時間持て余してしまい思いつきで旅を」
・チャリ兄 「なるほど。。でも元気そうですねw」

こんな話を乗船時間まで話して、とうとう乗船のため橋がかかった・・。

なんだろう。。このドキドキ??ワクワク?? なんか新天地に向かうように
バイクの音が辺りに響き、この時ばかりはこの音も気持ちよく感じた。

次ページへ続きます

関連記事