【制裁】私「母さん体調がよくないみたいだからムリさせないでね」中学生の異母弟『あんな女、どうなったって別にいいし』私「」⇒ 中学生でも容赦しなかった

【制裁】私「母さん体調がよくないみたいだからムリさせないでね」中学生の異母弟『あんな女、どうなったって別にいいし』私「」⇒ 中学生でも容赦しなかった

私が中学に入った年に父親が若い女と浮気して男の子を生ませた。

跡継ぎ作れと時代錯誤なことを繰り返していた祖父母は異母弟を産んだ女を歓迎し、私たち姉妹と母を追い出して浮気相手を後妻に迎えようとした。
私たち姉妹の養育費を確保するために母は慰謝料を父親と不倫相手に要求し、相手方の親が払ったらしいけど、生まれた子を置いて不倫相手はどこかへ消えた。

≪スポンサーリンク≫

残ったのは赤ちゃんだった異母弟。
父方の祖父母は今でいうパチンカスで両親の仕送りで生活している有様だったから赤ちゃんを育てるのはハナから無理で、育児の手ほしさなのか父は再構築を願い出た。

父が再構築を願い出てきた時、母は迷った末に了承。
母が再構築を受け入れた理由には、おそらく私たち姉妹の学費の捻出があったんだと思う。(当時私が中学1年、妹は小学5年生。どちらも私立に通っていたし、付属だったからそのまま進学するつもりでいた。)

それまで専業主婦だった40前の主婦が働きに出ても私たち姉妹の学費にはとても足りず、母方の祖父母はすでに年金暮らしで経済的には頼れなかった。
慰謝料を分割にしても父はおそらく払わないと想像がついた。
男の子が生まれた途端に「いらない」と言われた私たち姉妹を父の元に残して離婚するわけにもいかず、母は再構築を受け入れたんだと思う。

この一連も修羅場と言えば修羅場だけど割愛する。

次ページへ続きます

関連記事